5 Contoh Cerita Pendek Bahasa Jepang, Cocok Untuk Belajar!

Pernah nggak sih penasaran gimana caranya belajar bahasa Jepang lewat cerita? Nah, Cetta kasih bocoran nih, ada 5 contoh cerita pendek yang bisa bikin kamu makin jago bahasa Jepang. Mulai dari kisah lucu tentang makanan sampai cerita mengharukan tentang persahabatan, semuanya ada di sini. Penasaran? Yuk, langsung baca!
5 Contoh Cerita Pendek Bahasa Jepang, Cocok Untuk Belajar!

Cetta Online Class
Belajar Bahasa Jepang Tanpa Ribet
Plus Dapet Diskon 10%

CETTAPernah nggak sih penasaran gimana caranya belajar bahasa Jepang lewat cerita? 

Nah, Cetta kasih bocoran nih, ada 5 contoh cerita pendek yang bisa bikin kamu makin jago bahasa Jepang. 

Mulai dari kisah lucu tentang makanan sampai cerita mengharukan tentang persahabatan, semuanya ada di sini. 

Penasaran? Yuk, langsung baca!

 

5 Cerita Pendek Bahasa Jepang dan Artinya

Nah, buat kamu yang mau tau cerita bahasa Jepang buat bahan belajar, Cetta bakal rekomendasiin 5 cerita menarik bahasa Jepang dan artinya.

Berikut ini adalah kelima ceritanya:

Tikus dan Sumo dalam Bahasa Jepang

 

ネズミ ね ず み の相撲 

 

す も う 昔 々 むかしむかし ある 所 ところ に、お爺 じい さんとお婆 ばあ さんが住 す んでい ました。ある日 ひ お爺 じい さんが山 やま に芝 しば 刈 か りに行 い くと、太 ふと っ たネズミ ね ず み と痩 や せネズミ ね ず み 、2匹 ひき のネズミ ね ず み が相撲 す も う を取 と っ ているではありませんか。お爺じい さんが見み ていると 「ハッケヨーイ は っ け よ ー い 、ノコッタ の こ っ た !……ハッケヨーイ は っ け よ ー い 、 ノコッタ の こ っ た !」何度 な ん ど やってもいつも負 ま けるのは痩 や せ ネズミ ね ず み です。

「あの痩せたネズミ ね ず み はうちに住 す んでいる ネズミ ね ず み じゃないか」。 家 いえ に帰 かえ るとお爺 じい さんはお婆 ばあ さんにこの 話 はなし をし、 2 ふた 人 り は痩 や せネズミ ね ず み をかわいそうに思 おも いました。お爺 じい さんとお婆 ばあ さんの家 いえ は貧乏 びんぼう でしたが、お 正 しょう 月 がつ のた めに置 お いておいたもち米 ごめ をついて痩 や せネズミ ね ず み に餅 もち を作 つく ってやり、屋根 や ね 裏 うら に置 お いておきました。 次 つぎ の日 ひ 、お爺 じい さんが昨日 き の う と同 おな じようにそっと覗 のぞ い ていると、またネズミ ね ず み の相撲 す も う が始 はじ まりました。

負 ま け てばかりだった痩や せネズミ ね ず み が、今日 き ょ う は勝 か っていま す。お爺 じい さんは嬉 うれ しくなりました。何度 な ん ど か勝負 しょうぶ をす ると、太 ふと ったネズミ ね ず み が「どうしてそんなに 急 きゅう に強 つよ く なったんだい?」と痩や せネズミ ね ず み に訊 き きました。「昨日 き の う 帰 かえ ったら、ありがたいことに屋根 や ね 裏 うら にお餅 もち が置 お いて あり、それを食 た べたんだ」と痩 や せネズミ ね ず み が答 こた えると 「いいなあ。うちの家いえ はお金かね 持 も ちなのにケチけ ち だから お餅 もち なんかもらったことはないよ」と太 ふと った ネズミ ね ず み 。痩 や せネズミ ね ず み は「それなら、今晩 こんばん うちに来 き て、 お餅もち を食 た べるといいよ」。それを聞 き いたお爺 じい さんは、 急 いそ いで家 いえ に戻 もど り、お婆 ばあ さんと相談 そうだん しました。2 ふた 人 り は 2匹 ひき の相撲 す も う 取 と りのため

に、残 のこ りのお餅 もち もついてやる ことにしました。そしてまわしの代 か わりとして赤あか い ふんどしも2匹分 ひきぶん 作 つく って、屋根 や ね 裏 うら に置 お いておきまし た。 その夜 よる 、お爺 じい さんとお婆 ばあ さんの家 いえ に太 ふと ったネズミ ね ず み がやってきて、2匹 ひき はお餅 もち とふんどしに大 おお 喜 よろこ び。太 ふと っ たネズミ ね ず み はお礼 れい にと家 いえ から持 も ってきた金貨 き ん か を置 お い ていきました。

次 つぎ の日 ひ から2匹 ひき は赤 あか いふんどしを締 し めて相撲 す も う を取 と り、お互たが いに勝か ったり負ま けたりいい勝負しょうぶ をして、 観客 かんきゃく となったお爺 じい さんを楽 たの しませましたとさ。そ してお爺 じい さんとお婆 ばあ さんは金貨 き ん か で正月 しょうがつ の餅 もち や米 こめ を たくさん買 か うことができましたとさ。

 

Terjemahan Tikus dan Sumo 

Pada zaman dahulu kala, hiduplah seorang kakek dan nenek. Suatu hari, ketika kakek hendak pergi memotong kayu di hutan, ia melihat ada dua ekor tikus, tikus gemuk dan tikus kurus, sedang melakukan sumo. ”Siap, mulai! Siap, mulai!”. Berapa kali bertanding pun, yang selalu kalah adalah tikus kurus. ”Tikus kurus itu… Bukankah itu tikus yang tinggal di rumahku…,” pikir kakek. 

 

Setelah pulang ke rumah, kakek bercerita kepada nenek mengenai hal itu. Keduanya merasa kasihan kepada tikus kurus. Kakek dan nenek hidup miskin, tetapi mereka membuat mochi untuk si tikus kurus dari ketan yang tadinya mereka sediakan untuk membuat kue mochi di tahun baru. Kue mochi itu mereka letakkan di loteng atap. 

 

Keesokan harinya, kakek mengintip kembali tikus-tikus seperti hari sebelumnya. Sumo tikus pun mulai. Tikus kurus yang selalu kalah hari ini menang. Kakek menjadi gembira. Setelah beberapa kali bertanding, tikus gemuk bertanya kepada tikus kurus, ”Mengapa kamu tiba-tiba menjadi kuat?”. ”Kemarin setelah pulang, ada kue mochi yang ditaruh di loteng atap. Aku memakannya,” jawab tikus kurus. ”Wah enak ya, Rumah tempatku tinggal rumah orang kaya, tetapi mereka pelit dan aku tidak pernah dapat kue mochi,” kata tikus gemuk. Kata tikus kurus, “Kalau begitu, kamu datang saja ke rumah malam ini untuk makan kue mochi”. Mendengar hal tersebut, kakek pulang dengan cepat dan berdiskusi dengan nenek. Mereka memutuskan untuk membuat kue mochi dari ketan yang tersisa untuk pertandingan sumo kedua tikus tersebut. Sebagai ganti mawashi (sabuk merangkap celana untuk pegulat sumo), mereka membuat dua fundoshi (kain cawat) merah untuk keduanya dan meletakkannya di loteng atap.

BACA JUGA:  Fakta Menarik Tembok Besar China yang Ajaib

 

Pada malam harinya, tikus gemuk datang ke rumah kakek dan nenek. Keduanya sangat gembira mendapat kue mochi dan fundoshi. Sebagai ucapan terima kasih, tikus gemuk meletakkan uang emas yang dibawanya dari rumahnya. 

 

Hari berikutnya, kedua ekor tikus itu mengenakan fundoshi dan bertanding sumo. Keduanya kadang menang, kadang kalah, sehingga kakek sebagai penonton merasa senang. Lalu kakek dan nenek dapat membeli banyak kue mochi dan beras pada tahun baru dengan uang emas yang mereka terima.

Kakek dengan Benjolan di Pipi

 

こぶ取 と り爺 じ い さん

 

むかしむかし ある 所 ところ に、片 かた 頬 ほお に大 おお きなこぶが付 つ いたお爺 じい さんが 2 ふた 人 り 、隣 となり 同士 ど う し に住 す んでいました。ある時 とき 1 ひと 人 り のお爺 じい さんが山 やま で仕事 し ご と をしていると夜 よる になり、どこ からか賑 にぎ やかな歌 うた や太鼓 た い こ が聞 き こえてきました。 不思議 ふ し ぎ に思 おも って音 おと のする方 ほ う に行 い き、物陰 も の か げ からそっ と覗 の ぞ いてみると、鬼 お に 達 た ち が集 あ つ まって 宴 うたげ を開 ひら いている ではありませんか。お爺 じい さんは鬼 おに が恐 おそ ろしくて隠 かく れ ていましたが、鬼 おに 達 たち の歌 うた や太鼓 た い こ があまりにも賑 にぎ やか で、だんだん楽 たの しい気 き 持 も ちになってきました。そし てしまいには踊 おど り出 だ してしまいました。 

 

お爺 じい さんが鬼 おに の踊 おど りの輪 わ に加 くわ わってきたので、 驚 おどろ いた鬼 おに 達 たち でしたが、お爺 じい さんの踊 おど りがとても上 う 手 ま いので拍手 はくしゅ 喝采 かっさい 。夜 よ が明 あ けそうになった時 とき 、鬼 おに は お爺 じい さんにこう言 い いました。「なんと踊 おど りが上 う 手 ま い やつだ。今晩 こんばん また 宴 うたげ で踊 おど ってくれ」。そして鬼 おに は 不思議 ふ し ぎ にも、お爺 じい さんの頬 ほお から傷 きず ひとつ残 のこ さずこぶ をもぎ取 と ると「このこぶは今晩 こんばん 来 き たら返 かえ してやろ う」と言 い って去 さ っていきました。 

 

邪魔 じ ゃ ま なこぶが無 な くなったお爺 じい さんが家 いえ に帰 かえ って くると、それを見 み た 隣 となり のお爺 じい さんがやってきて、 どうやってこぶを取 と ったのかと尋 たず ねました。そこで お爺 じい さんが昨晩 さくばん の出来事 で き ご と を話 はな すと「お前 まえ だけこぶが 無 な くなるとはねたましい。わしがお前 まえ の代 か わりにそ の 宴 うたげ に行 い こう」と言 い い、夜 よる に出掛 で か けていきました。

 

 隣 となり のお爺じい さんも鬼おに の 所ところ に到着 とうちゃく しました。鬼 おに 達 たち は 隣 となり のお爺 じい さんを昨晩 さくばん のお爺 じい さんと思 おも い込 こ み「待 ま っ ていたぞ。さあ踊 おど ってくれ」と歓迎 かんげい しました。とこ ろが 隣 となり のお爺 じい さんは鬼 おに が恐 おそ ろしくて恐 おそ ろしくて震 ふる えてしまいました。腰 こし も抜 ぬ けそうになり、とても上 う 手 ま くなど踊 おど れません。鬼 おに は「今日 き ょ う はなんて下手 へ た な踊 おど りだ! 昨日 き の う のこぶは返 かえ すからもう帰 かえ れ!」と言 い う と、お爺 じい さんのこぶの無 な い方 ほう の頬 ほお にこぶをくっ付 つ け ました。欲 よく 張 ば った 隣 となり のお爺 じい さんは、こうして哀 あわ れ にもこぶが2つになってしまいましたとさ。

 

Terjemahan Kakek dengan Benjolan di Pipi

Pada zaman dahulu kala, ada dua orang kakek yang keduanya memiliki benjolan di sebelah pipi dan tinggal bertetangga. Pada suatu hari, salah satu kakek tersebut pergi bekerja di gunung hingga hari menjadi malam. Entah dari mana terdengar nyanyian dan bunyi genderang yang ramai. Kakek merasa aneh dan ia pergi ke arah asal suara tersebut. Dia mencoba mengintip sambil bersembunyi dan ternyata yang dilihatnya adalah para raksasa yang sedang berkumpul dan berpesta. Kakek menjadi ketakutan dan bersembunyi. Tetapi, karena nyanyian dan bunyi genderang para raksasa sangat ramai, perasaan kakek tambah lama tambah senang. Ia malah keluar dan ikut menari. 

 

Para raksasa terkejut melihat sang kakek yang ikut menari di lingkaran tarian raksasa. Tetapi, karena kakek sangat pandai menari, mereka bertepuk tangan. Ketika fajar hampir tiba, raksasa berkata kepada kakek. “Kakek pintar sekali menari. Nanti malam datang lagi ke pesta kami ya.” Lalu raksasa secara ajaib mengambil benjolan dari pipi sang kakek tanpa menyebabkan luka sama sekali. “Benjolan ini akan dikembalikan kalau Kakek datang malam ini,” kata raksasa. Setelah itu sang raksasa pergi meninggalkan kakek. 

 

Kakek yang sudah diambil benjolannya yang mengganggu itu pulang ke rumah. Melihat benjolan yang hilang, kakek sebelah rumah bertanya bagaimana benjolan itu diambil. Sang kakek lalu menceritakan kejadian semalam. Kakek tetangga berkata “Saya iri karena hanya kamu yang benjolannya hilang. Saya akan pergi menggantikan kamu ke pesta malam ini”. Malam harinya, kakek tetangga itu pergi.

 

Kakek tetangga tiba di tempat raksasa. Para raksasa mengira kakek itu adalah kakek yang semalam datang. “Kami sudah menunggu kedatangan Kakek. Ayo menarilah untuk kami,” sambut mereka. Kakek tetangga malah menjadi ketakutan terhadap raksasa dan tubuhnya gemetar. Pinggangnya seperti mau lepas dan ia tidak dapat menari dengan pandai. “Hari ini tariannya jelek! Ini saya kembalikan benjolan kamu yang kemarin. Pulang sana!” kata raksasa sambil menempelkan benjolan ke sebelah pipi kakek yang tidak ada benjolannya. Akibatnya menyedihkan, kakek yang iri itu benjolannya malah menjadi dua.

BACA JUGA:  Sejarah Paskah dan 50 Ucapan yang Bisa Kamu Berikan buat Temanmu

Tudung Kepala Ajaib

 

聞き耳頭巾

 

昔々、心のやさしいお爺さんがいました。 ある日、お爺さんが山へ柴刈りに行き、家 に帰る途中で、子ギツネが木の実を取ろう として一生懸命頑張っているところに通り かかりました。なかなか取れなかったので、 お爺さんが代わりに取ってやると、とても 嬉しそうにして、いつまでもお爺さんの後 ろ姿を見送っていました。 

 

 ある日、お爺さんが町まで出かけて帰っ てくると、先日の子ギツネが手招きしてい ます。ついて行ってみると、お母さんギツ ネのところに案内されました。お母さんギ ツネは、息子がお世話になったお礼にと、 なにやら汚らしい頭巾をくれました。 

 

 翌日お爺さんが庭で薪割りをしている と、昨日もらった頭巾が懐から落ちたので、 試しにそれをかぶってみると、なんとスズ メたちが話している内容がわかります。「こ れは不思議な頭巾だ」。おじいさんは、頭 巾をかぶって、いろいろな動物の話を聞い て楽しんでいました。 

 

 そんなある日、木の上で2羽のカラスが、 村の長者(大金持ち)の娘さんの病気につ いて話しているのが聞こえてきました。な んでも、娘さんの病気は楠の祟りによるも のだとか。そこでお爺さんは長者の家を訪 ね蔵に入れてもらうと、外で楠が話してい る声が聞こえてきます。それによると、楠 が祟っているのは、長者の蔵が、楠の腰の 上に建っているからだということがわかり ました。 

 

翌日お爺さんは、そのことを長者に伝え て、早速その蔵を動かすと、娘はすっかり 元気になりました。喜んだ長者はお爺さん にたくさんの褒美をくれました。お爺さん はキツネの好きな油揚げをどっさり買って 帰りました。 

 

 めでたし、めでたし。

 

Terjemahan Tudung Kepala Ajaib

Pada zaman dahulu terdapatlah seorang kakek yang baik hati. Pada suatu hari, ia pergi ke gunung untuk mencari kayu bakar, di tengah perjalanan pulang ke rumahnya, ia melihat seekor anak rubah sedang berusaha keras untuk memetik kacang. Sang kakek membantu memetikkan kacang itu, membuat sang rubah menjadi gembira sekali. Sang rubah terus mengikuti si kakek di belakangnya.

 

Pada suatu hari, kakek bepergian ke kota, pulangnya ia melihat anak rubah yang dibantunya dulu melambaikan tangan memanggilnya. Kakek pun mengikuti sang anak rubah, sampailah ia ke tempat ibu sang rubah, yang memberikan sebuah tudung kepala usang, sebagai tanda terima kasih telah membantu anaknya. 

 

Keesokan harinya, ketika kakek sedang membelah kayu di halaman rumahnya, tudung kepala yang diterimanya kemarin terjatuh dari dadanya. Ketika ia mencoba memakai tudung itu di atas kepalanya, tiba-tiba ia bisa mendengar dan mengerti isi percakapan burung pipit. “Waah, ternyata ini tudung kepala ajaib”. Sejak itu kakek memakai tudung kepala itu dan mendengarkan berbagai percakapan binatang. 

 

Lalu pada suatu hari, ia mendengar percakapan 2 ekor burung gagak di atas pohon, tentang putri seorang kaya di kampung yang sedang sakit. Menurut gagak itu, penyakit sang putri adalah akibat kutukan dari pohon Kusunoki. Maka kakek pun pergi ke rumah orang kaya itu, ketika sedang berada di gudang orang kaya itu, kakek mendengar suara pembicaraan pohon Kusunoki di luar. Ternyata pohon Kusunoki itu marah karena gudang orang kaya itu dibangun di bagian pinggang Kusunoki tersebut. 

 

Hari berikutnya kakek memberitahukan orang kaya tentang hal itu, lalu gudang pun segera dipindahkan dari sana. Putri orang kaya itu segera menjadi sembuh. Orang kaya itu menjadi sangat gembira dan memberikan banyak hadiah kepada sang kakek. Pulangnya kakek membeli makanan kesukaan rubah, yaitu kulit tahu aburaage, dalam jumlah banyak. 

 

Cerita pun berakhir dengan bahagia.

Kelinci Kecil dari Inaba

 

因幡 い な ば の白兎

 

昔々、隠岐お き の島の1羽の白兎が、対岸の因 幡の国(現在の鳥取県東部)に渡ろうとし て、海を泳いでいた鮫に「君達の数と兎の 数のどっちが多いか比べてみよう。君達の 数を数えたいから海の上に並んでくれない か」と言い、並ばせた鮫の背の上を渡って いきました。そして因幡の国に着く頃、兎 が「本当は海を渡るために君達をだまして 並ばせただけなのさ!」とうっかり言うと、 怒った鮫は兎の毛を全部抜いて丸裸にして しまいました。 

 

兎は毛を抜かれて、痛くて痛くて海岸で 泣いていました。するとそこに男達の集団 が通り掛かりました。男達は毛を抜かれて 泣いている兎を見て「海の水で体を洗って、 風に当たって寝ていれば、傷が治るだろう」 と言い、去っていきました。兎はその通り にしましたが、海の水と風は傷に沁み、痛 さは増すばかり。男達はふざけて兎に嘘を 言っていたのでした。 

 

 益々痛さが増した兎が、また海岸で泣い ていると、そこにたくさんの荷物を背負っ た男が通り掛かりました。それは先程通り 掛かった男達の弟で、兄達の荷物を全部背 負わされていたため、兄達から随分遅れて 歩いていたのでした。弟は泣いている兎か ら事情を聴くと「真水で体を洗って、蒲の 穂を体に着けなさい」と言うので、兎はそ の通りにすると、痛さは収まり、毛も元通 りに生えてきました。兎はたいそう喜びま した。 

 

 伝説ではこの心の優しい弟が、後に日本 の国を作った神々の1人「大国主 おおくにぬしの 命 みこと 」だそう です。 

 

Terjemahan Kelinci Putih dari Inaba

 

Pada zaman dahulu kala, seekor kelinci putih yang tinggal di pulau Oki-no-shima, ingin menyeberang ke daratan negeri Inaba (sekarang : bagian timur Pref. Tottori). Ia berkata kepada ikan hiu yang sedang berenang di lautan ; “Mari kita bandingkan, mana yang lebih banyak, jumlah ikan hiu atau jumlah kelinci. Aku akan menghitung jumlahmu, nah coba berjejer semuanya di atas laut”, demikian kata sang kelinci yang langsung melangkah di atas ikan hiu yang berjejer, menyeberang ke Inaba. Ketika hampir saja tiba di negeri Inaba, sang kelinci tak sengaja berkata ; ”Sebenarnya aku cuma ingin menyeberang saja dengan menyuruh kalian berjejer di lautan”. Ikan hiu yang marah kemudian menarik bulu sang kelinci sehingga membuatnya telanjang. 

 

Sang kelinci yang kesakitan bulunya diambil, menangis di pantai. Tepat saat itu lewatlah beberapa orang laki-laki, yang memberikan nasehat kepada sang kelinci ; “cucilah tubuhmu dengan air laut, lalu tidurlah di bawah hembusan angin, kamu akan cepat sembuh”, kata mereka sambil berlalu. Sang kelinci mengikuti nasehat itu, tetapi rasa ngilu dan sakit malah bertambah ketika ia mandi di air laut dan di bawah hembusan angin. Para lelaki itu telah menipu sang kelinci. 

 

Sang Kelinci yang rasa sakitnya makin menjadi-jadi, menangis lagi di tepi pantai, lalu lewatlah seorang lelaki yang memanggul banyak barang bawaan. Ternyata dia adalah adik dari para lelaki yang lewat tadi. Oleh karena si adik memanggul semua barang-barang para kakaknya, maka ia berjalan jauh lebih lambat daripada kakaknya. Ia nenasehati ; “cucilah tubuhmu dengan air tawar, lalu pakailah tanaman gama-no-ho (sejenis ilalang cattail) ke tubuhmu”. Sang kelinci pun mengikuti nasehat itu, sakitnya berkurang dan bulunya pun kembali tumbuh seperti semula. Sang kelinci sangat gembira. 

 

Dalam dongeng ini, sang adik yang baik hati itu di kemudian hari adalah salah satu dewa yang membangun negara Jepang, yaitu ‘Ookuninushinomikoto’.

Gunung Kachi-kachi

 

かちかち山

 

昔 々 むかしむかし ある 所 ところ にお爺 じい さんとお婆 ばあ さんが住 す んでい ました。ある日ひ 、お爺 じい さんは 畑 はたけ に種 たね を撒 ま きました が、 狸たぬき がやってきてその種 たね を掘 ほ り出 だ して全部 ぜ ん ぶ 食 た べ てしまったので、お爺じい さんは怒 おこ って 狸 たぬき を捕 つか まえ、縄 なわ で縛 しば りました。そして家 いえ のお婆 ばあ さんに「 狸 たぬき 汁 じる にし ておくれ」と渡わた すと、また仕事 し ご と に行 い きました。 

 

 お婆ばあ さんが 狸 たぬき 汁 じる の用意 よ う い をしていると、狸 たぬき がお婆 ばあ さんに「もう悪 わる いことはしないから、縄 なわ をほどいて 家事 か じ を手 て 伝 つだ わせてくれないか」と頼 たの むので、お婆 ばあ さ んは 狸たぬき の言葉 こ と ば を信 しん じ、縄 なわ をほどいてやりました。 すると 狸たぬき はお婆 ばあ さんを殴 なぐ って逃 に げました。狸 たぬき に殴 なぐ られお婆 ばあ さんは死 し んでしまいました。 

BACA JUGA:  Bagaimana Cara Membaca 17 Agustus 1945 Dalam Bahasa Jepang?

 

 お婆ばあ さんが死 し に、お爺 じい さんが悲 かな しみに暮 く れている と、 兎うさぎ がやってきました。お爺 じい さんに悲 かな しんでい る訳わけ を聞 き くと「 私 わたし が悪 わる い 狸 たぬき を退治 た い じ しましょう」と 出 で 掛 か けていきました。 

 

 兎うさぎ は 狸 たぬき を見 み つけると「柴 しば 刈 か り( 薪 たきぎ 拾 ひろ い)に一緒 いっしょ に行 い きませんか」と 狸 たぬき を連 つ れ出 だ し、2匹 ひき は柴 しば 刈 か りを しました。柴しば を背 せ 負 お って山 やま を下 くだ る時 とき 、兎 うさぎ は 狸 たぬき を先 さき に歩 ある かせ、後 うし ろから火打 ひ う ち 石 いし をカチカチ か ち か ち と打 う ちまし た。「今いま のカチカチ か ち か ち という音 おと はなんだい?」と 狸 たぬき が 訊 き くと、 兎 うさぎ は「この山 やま はかちかち山 やま と言 い う山 やま だか ら、カチカチ音 か ち か ち お と がするのです」と答 こた えました。しばら くすると 狸たぬき が背 せ 負 お っていた柴 しば はぼうぼう燃 も え 「アチチチチ あ ち ち ち ち !」狸 たぬき は熱 あつ くて逃 に げ帰 かえ っていきました。

 

 背中せ な か にやけどを負お った狸たぬき が寝ね ていると、また兎うさぎ が やってきて「やけどによく効き く 薬 くすり を塗 ぬ ってあげま しょう」と言い いました。そして 狸 たぬき の背中 せ な か に唐辛子 と う が ら し 味噌 み そ を塗ぬ りつけました。「イタタタタ い た た た た !」やけどは 益々 ますます 酷 ひど くなりました。 

 

 しばらくしてやけどが治 なお った 狸 たぬき の元 もと に 兎 うさぎ がやっ てきて「釣 つ りに行 い きませんか」というので行 い ってみ ると、海岸 かいがん に舟 ふね が2艘 そう あります。狸 たぬき は大 おお きい方 ほう の舟 ふね に乗 の り、共 とも に沖 おき に出 で て釣 つ りを始 はじ めました。すると 狸 たぬき の舟ふね が 傾かたむ き始はじ めました。 兎うさぎ の舟ふね は木き の舟ふね でした が、狸 たぬき の舟 ふね は泥 どろ の舟 ふね だったのです。狸 たぬき は助 たす けを求 もと めましたが海 うみ に沈 しず んでしまいました。 兎 うさぎ はこうし てお婆 ばあ さんの 仇かたき を取と りましたとさ。

 

Terjemahan Gunung Kachi-kachi

Pada zaman dahulu kala di suatu tempat di Jepang, hiduplah sepasang Kakek dan Nenek. Suatu hari, setelah Kakek menanam bibit di ladangnya, datang seekor rakun menggali dan memakan semua bibit tersebut. Kakek menjadi marah. Ia menangkap rakun tersebut dan mengikatnya dengan tali. Lalu Kakek menyerahkan rakun kepada Nenek dan berpesan “Masak rakun ini menjadi sop”. Setelah itu, Kakek kembali ke ladang untuk bekerja. 

 

Ketika Nenek bersiap untuk memasak sop rakun, rakun memohon kepada Nenek “Saya tidak akan nakal lagi. Lepaskanlah tali ini dan biarkan saya membantu pekerjaan rumah tangga”. Nenek mempercayai perkataan rakun dan melepaskan talinya. Setelah dilepas, rakun malah memukul Nenek dan kabur. Nenek meninggal akibat dipukul rakun. 

 

Ketika Kakek merasa sangat sedih karena kematian Nenek, datanglah seekor kelinci. Begitu mendengar alasan mengapa Kakek bersedih, kelinci berkata “Saya akan membalas perbuatan rakun yang jahat itu”. 

 

Kelinci menemukan rakun tersebut dan mengajaknya pergi dengan berkata “Mari kita pergi mengumpulkan kayu bakar”. Keduanya lalu mengumpulkan kayu bakar. Waktu pulang menuruni gunung sambil memanggul kayu bakar, kelinci membiarkan rakun berjalan di depannya dan dari belakang ia menggesek dua buah batu api sehingga menimbulkan bunyi kachi-kachi (crek crek). “Bunyi apa itu “kachi-kachi”?” tanya rakun. Kelinci menjawab “Gunung ini namanya Gunung Kachi-kachi, karenanya berbunyi kachi-kachi”. Sejenak kemudian, kayu bakar yang dipanggul oleh rakun terbakar. “Aduh panas!” teriak rakun kepanasan dan ia berlari pulang. 

 

Ketika rakun tertidur dengan punggung yang terluka bakar, kelinci datang dan berkata “Saya oleskan obat yang ampuh untuk luka bakar ya”. Kelinci lalu mengoles punggung rakun dengan sambal. Rakun berteriak kesakitan “Aduh sakit!”. Luka bakarnya bertambah parah. 

 

Beberapa waktu setelah luka bakar rakun sembuh, kelinci kembali mendatangi rakun. “Mari kita pergi memancing,” ajaknya. Di tepi pantai ada dua buah perahu. Rakun naik perahu yang besar. Lalu mereka pergi melaut dan mulai memancing. Perahu rakun mulai miring. Ternyata perahu rakun terbuat dari lumpur, sedangkan perahu kelinci terbuat dari kayu. Rakun meminta tolong, tetapi akhirnya tenggelam di laut. Demikianlah kelinci berhasil membalas dendam Nenek kepada rakun. 

 

Nah, itulah tadi 5 rekomendasi cerita menarik bahasa Jepang dan artinya, kalau kamu paling suka cerita yang mana nih?

 

Mau Belajar Bahasa Jepang? Di Cetta Japan Aja!

Setelah lihat beberapa cerita di atas, kamu masih kesulitan juga buat mempelajari bahasa Jepang? 

Tenang, kamu bisa kursus bahasa Jepang di Cetta Japan dan bakal diajarin sampe mahir ngomong bahasa Jepang. Emang gimana sih belajar di Cetta Japan?

 

Di Cetta, kamu bakal belajar bareng tutor yang profesional dan berpengalaman, bahkan pernah tinggal di negeri Sakura juga, loh. Nggak cuma itu, kamu juga bakal ngerasain enaknya belajar di Cetta, karena Cetta nerapin sistem belajar yang interaktif dan menyenangkan, jadi kamu bakal cepet paham materi yang disampaikan.

 

Kamu juga bisa pilih kelas sesuai keinginanmu, ada kelas Regular, Private 1-on-1, dan Private Group. Plus enaknya lagi kamu bisa belajar kapan aja, bisa kelas malam juga yang pastinya nggak bakal ganggu aktivitas siang harimu. Menarik, bukan?

 

Jadi, gimana? Mau jago ngomong pake bahasa Jepang? Yuk belajar bareng Cetta Japan sekarang!

Bagikan Artikel ini:

Artikel Lainnya

Isi Data Diri Dulu, Yuk!
Cetta Akan Kirimkan Kode Promonya ke Emailmu